栄養バランスについて

栄養バランスについて

栄養バランス、という言葉をよく耳にしますが、あなたはこの栄養バランスのことをしっかり理解できていますか?
栄養バランスの基礎知識を知っておけば、毎日の食事の見方が少し変わるかもしれません。

 

【主食・主菜・副菜のバランスで考える】

食事

主食・主菜・副菜のバランスは3:1:2と言われています。
ご飯とおかずのバランスを考えるうえで、この対比は非常に有効です。

 

主菜ばかりになってしまわないように、主食ばかりになってしまわないように…と考えつつこの3:1:2を理想とすれば、必要な栄養をバランスよく得ることができます。

 

【栄養バランスが崩れると…?】

肥満になる

肉ばかり食べたり炭水化物ばかり食べたり…という生活をしていると肥満になります。
また偏食で、同じものばかりを食べたりするのもよくありません。
肥満は肝臓病や糖尿病といった怖い病気を引き起こす怖いものです、注意しましょう。

 

肌の調子が悪くなる

女性にとっては悩ましいことですね。特に、吹き出物が多くなる傾向があります。
なんとなく肌の調子が悪いな、と思ったら食事の栄養バランスが崩れているのかも…ということを疑ってください。
ダイエットで偏ったものしか食べていない、というのが理由としては多いようです。

 

体調を崩しやすくなる

風邪などの感染症にかかりやすくなります。
また体が妙にだるかったり、ちょっとした体調不良で動けなくなってしまったりすることもあります。
栄養は私達の体を動かすために重要なものですから、しっかりバランスよく摂取しないと、体にも支障をきたすことになります。

 

栄養バランスガイドを使おう

農林水産省が発表している栄養バランスガイドを利用すると、どんなものをどのくらい食べればいいのかが一目瞭然です。
わかりやすくコマのイラストで書かれた栄養バランスガイドはどこかが崩れるとコマが回らなくなる、という表現で栄養バランスの大切さを訴えています。

 

あなたは炭水化物や脂質ばかりの食生活を送っていませんか?
ダイエットだから、と野菜ばかり食べたり極端に少ない食事をしていませんか?

 

きちんと食事をとることはとても大切なことです。
ご飯も野菜も肉も魚も…いろいろなものを食べることで栄養バランスを保ち、健康な体を手に入れましょう。