食事宅配のメリット・デメリット

宅配食事のメリット・デメリット

健康食や療養食を続けなければならない場合などに便利と言われている食事宅配サービスですが、家で料理する場合とどのような面で違ってくるのでしょうか?
食事宅配サービスと家での料理、それぞれのメリットとデメリットを挙げながら、双方の違いを見て行きたいと思います。

 

【食事宅配サービスを利用する場合のメリットは?】
食事宅配サービスは注文をすれば完成した状態の食事が届く…という、非常に便利なものです。
冷凍されたお弁当が届けられる、と言えばイメージしやすいでしょうか。
そのため、自分で1から手作りする手間が省けますし、届いたら食べたいときにレンジで解凍すればOKです。

 

また、健康食や制限食などを取り扱っているところであれば、減塩や低カロリーなどが管理栄養士さんによって考えられているため、療養食としても安心して食べることが出来るようになっています。
毎日カロリーや塩分、メニューを気にしながら作らなければいけない…という手間を省けることが何よりのメリットと言えるでしょう。

 

【家で料理をする場合のメリットは?】
一方、家で料理をする場合は自分で1から手作りしなければならない反面、自由にメニューを考えることが出来ます
こうした自由度の高さが、家で自分で料理をつくる場合の最大のメリットとなるでしょう。

 

また、手作りするため達成感もありますし、できたてを食べさせることが出来るというのも、手料理ならではのメリットですね。

 

 

 

【食事宅配サービスを利用する場合のデメリットは?】
食事宅配サービスは便利な半面、既にメニューが固定されてしまっているので、自分で自由に決めることができないという不便さはあります。
せっかく「あ、今日はコレを作りたい!」と思っても、既に出来上がった状態で届いてしまうお弁当なので、それを反映させることができません。

 

ただ、最近の食事宅配サービスは豊富なメニューを取り揃えているところも多いので、豊富な味を楽しむことが出来ます。
その日の思いつきをメニューに反映できないものの、飽きのこないメニューを毎日楽しめるでしょう。

 

【家で料理をする場合のデメリットは?】
家での料理は自由度があって楽しい反面、それを毎日続けていくとなると大変になってしまうものです。
定期的に食材を買いに行かなければならない上に、メニューを考えて下ごしらえをして、作り、食事の後は食器を洗って…とここまででもかなりの時間を費やしてしまうことになります。

 

これで更に、カロリーや塩分量を考えた健康食にしなければならない…となると、とても大変です。
家で料理する場合のデメリットは、時間がかかってしまうことと毎日バリエーションの有るメニューを考える大変さなどがあげられるでしょう。

こうして両者のメリットとデメリットを見比べてみると、宅配食事サービスを利用することのメリットが大きいことがわかりますね。
メニューも豊富で毎日時間もかかることなく、手軽に美味しく健康な食事を続けていける。
そんなメリットを持っているからこそ、近年宅配食事サービスを利用する人が増えているのでしょう。